デジタル遺品とは?

デジタル遺品のパスワード解除

 

デジタル遺品とは、故人が残したパソコンやスマートフォン(携帯電話)などのデジタル機器内部に記憶されているデータや、インターネット上のみに残されているデータの事です。

 

デジタル遺品に遺されたデータの中には、故人が設定したパスワードを解除しなければ見ることができないデータも存在します。

 

そのため、デジタル製品に詳しくない高齢の遺族はデジタル遺品のパスワードを解除できないため、「そのままデジタル遺品を捨ててしまおう」と、考えている方も大勢いらっしゃいます。

 

しかし、近年ではペーパーレス化(紙のコスト削減)が進み、パソコンの中やスマートフォンの中にしか存在しない、様々な捨てられないデータが残されています。(会社の重要文章や写真、保険の手続きに必要なデータなど)

 

また、デジタル遺品は、思い出の写真や動画などのデータを取り出すというものだけではなく、家族に黙って株式やFXの取引をしていたり借り入れがあったりする場合、そのまま放置していると、為替変動による損の発生や金利が増えてしまうといった、金銭的被害が発生することがあります。

 

だからデジタル遺品のパスワードを解除して、データを救出せずに丸ごと破棄してしまうと、後々の手続きに必要になるデータが消えてしまい、トラブルに巻き込まれてしまう可能性も!!

 

そこで今回は、デジタル遺品のパスワード解除方法と、パスワードを探すヒントをご紹介します。

 

デジタル遺品のパスワード解除する2つの方法

デジタル遺品のパスワード解除

 

デジタル遺品のパスワード解除方法は主に2つの手段があります。

 

優良な業者へパスワード解除を依頼する
故人が設定したパスワードを見つける

 

1.優良な業者へパスワード解除を依頼する

デジタル遺品のパスワード解除

 

故人が設定したパスワードが解除できない場合は、優良な大手の業者へデジタル遺品のパスワード解除を依頼してみるのも良いでしょう。

 

個人や中小企業が運営しているデジタル遺品のパスワード解除サービスもありますが、技術力が低くてデジタル遺品のパスワードを解除できなかったり、たとえ解除できたとしても請求金額を上乗せされて不当な扱いを受ける場合があります。

 

高い技術力と信用力を求めるなら、やはり大手のサービスを利用するのが安心ですね。特にオススメなのが、業界唯一の上場企業で、高い技術力や信用で数々の大手企業、PCメーカーとも提携している「ドクター・ホームネット」です。

 

ドクター・ホームネットでは、パソコン・スマートフォンを中心に様々なデジタル遺品のパスワード解除に対応しています。

 

サポート対象
  • 思い出の写真を取り出したい
  • 有料課金サービスを停止したい
  • パスワードを解除したい
  • 起動できるように復旧したい
  • データを復旧・バックアップしたい
  • 処分するのでデータを削除したい
  • SNSアカウントを削除したい
  • ホームページを削除したい
  • 故人のスマートフォンに残っている連絡先から、故人の知人に連絡を取りたい。
  • 故人が設定していたインターネット回線やプリンター等が使用できない。
  • ネット銀行に口座があるが、口座番号や資産状況がわからない。
  • 故人がネット証券で取引をしていたようなので、すぐに停止したい。

 

 

サポートの流れ

デジタル遺品のパスワード解除

 

 

※65歳以上の方は、シニア割の適用で作業料金が10%割引になります!

 

2.故人が設定したパスワードを見つける

デジタル遺品のパスワード解除

 

故人が設定しているパスワードを見つけられれば、パスワード解除はとても簡単です。

 

そこで、故人が設定した正しいパスワードを見つける為のヒントをご紹介します。

 

故人や家族の誕生日を入力する

デジタル遺品のパスワードを解除できた方の情報を調べてみると、「故人の誕生日」や「家族の誕生日」でパスワードを解除できた方が大勢いらっしゃいます。

 

誕生日はパスワードの定番ですからね。中には、セキュリティ強化のために誕生日を逆から入力している人もいらっしゃったとか。

 

例:「6月12日」が誕生日であれば「2160」

 

その他にもパスワードの文字数が決められていない時は家族全員の誕生日を並べた数字や、家族の誕生日の日にち部分だけを並べた数字、という風に「他の人にバレない工夫」をしている場合もあります。

 

記念日を入力する

結婚記念日や入籍記念日、プロポーズ記念日などは故人にとって印象に残っています。
これらの記念日をパスワードとしている場合もあります。

 

車のナンバーを入力する

車のナンバーも多くの人がパスワードにしている数字です。
もし、車のナンバー自体が誕生日や記念日にしている場合は、デジタル遺品のパスワードを解除できる確率が高くなるかもしれません。

 

説明書や設定用のCD-ROMを探す

どうしてもデジタル遺品のパスワードが解除できないときは、パソコンやスマートフォンなどの説明書、契約書、設定用CD-ROMなどを探してみましょう。

 

故人によっては、説明書の裏などに各種パスワードを忘れないように記入している方もいます。

 

手帳を読み直す

全てのデジタル遺品のパスワードを手帳に細かく記入している場合もあります。

 

故人が几帳面な人であるなら、インターネットアカウントのログインIDとパスワードなど、全てのIDとパスワードを入手できる可能性があります!